取締役 最高執行責任者 東田 大輔

経歴

[1999年]
日本大学第三高等学校を卒業
[1999年~2002年]
音楽や芸術、インディーズでのゲーム制作販売を行う。
2chに出会い、HTMLからPerlなどのプログラミングを独自に習得。
[2003年]
インフラエンジニアとして就職。
コールセンターSVや、インフラ構築導入のPLやPMを任せられる。
[2006年]
芸能界・エンターテインメント業界に転身。
デザイナー、自社複数のECサイト構築のWebエンジニア兼PM、番組・舞台プロデューサー、脚本、番組MC(タレント)、コラムニストとして活動。
[2009年]
システム開発業界の営業に転身。
大手上場新規顧客開拓と新規パートナー開拓を実施。
[2017年]
株式会社ESPに入社。
経営と人事、事務、開発部署、営業部署のマネジメントを全て対応。
[2018年]
2016年、2017年の赤字を2018年に大幅に黒字へと成長させる。
同社取締役 最高執行責任者に就任。

今まで

ESPに移って1年、経営方針から人事、営業、マネジメントとあらゆることを行ってきました。
そもそも移ってきた段階で赤字採算。
キャッシュも少ない中で、他がやっていないこと、口だけでやってこなかったことを論理と計算で道を作り出して、2018年度、大きく黒字化を達成しました。
信頼してついてきてくださった社員やお客様のおかげだと思っています。

これから

2018年から大々的にRPAと銘打って進み始めています。
とはいえど、実際顧客先内での仕事であることは変わりありません。
この構造は一般的な人材派遣型ビジネスと一切変わらないビジネスモデルですから、人が増えないことには売り上げも、利益も上がりません。
ESPに移る前から、3年がこのビジネスモデルでの飽和期となると考えておりましたから、3年でまず安定した収益を上げる体制を敷くということを目標にしていました。
その通過点としてこの1年半、おおよそ計算通りに進んでいます。
2019年度はRPAを我々が中小企業に向けて導入を促進をし、レイバーコストを軽減化させる。
自社製品を作って世に展開していくフェーズを開始します。
技術者派遣、RPA、自社製品という事業で、それぞれがそれぞれにシナジーを産み出すはずです。
そこから先の3年以降は、ITとのシナジーが最大公約数的に発揮できるであろう事業を作る、買うというフェーズに入ります。

福利厚生革命

そのように銘打って、同業他社ではありえないくらいの福利厚生を導入してきました。
社員の為、社員第一と口だけ達者な方々は仰られていますが、実態が伴っていないところがなんと多いことか。
口にしたからには実現する。
それを実直に進めてきた結果です。
これからは社員が、個々人と会社が双方で得になるよねという制度を作り上げていってほしいと思っています。

選択肢を増やす

自身が何に向いているのか、やってみなければわかりません。
今のESPは大きく技術か営業かの2択しかありませんから、チャレンジできるポジションを増やす。
それが「これから」で書いてあることだと考えています。
動かず何もせずの後悔は何十年経っても傷口として残ります。
チャレンジしてたとえ失敗したとしても、その経験とその姿勢は無駄になることは一切ありません。
ですから、そういう場を責任をもっていくつも作っていきます。