株式会社ESP

AIとRPAならESP

役員紹介

役員紹介

取締役 最高執行責任者 東田大輔

略歴

[1999年~2002年]
日本大学第三高等学校卒業後、インディーズで楽曲制作やゲーム制作団体を結成し活動。株式会社コナミスクールに入学を機に芸術活動を休止。
[2002年~2006年]
一般社会人デビュー。インフラ(サーバ・NW)分野でのPL・PM、大規模コールセンターのSVを経験。
[2006年~2009年]
日本メディアサプライ株式会社にデザイナーとして入社。BB5.jpやDVDレンタルサイトのデザイナーとして活動。
その後、Webシステムの開発を手がけ、芸能の分野で番組のプロデューサー・脚本・番組MC、舞台のプロデュース・脚本・演出・演者、映画のコラムニストと活動の範囲を広げる。
[2009年~2017年]
株式会社ユーネットに営業として入社。営業の傍ら、エンドユーザ開拓をし、自らPLとしてチームを率いて参画するなど、既存の手法に囚われない営業活動を展開。
その後、上場会社新規開拓を行い契約を実現。パートナー開拓も積極的に行い、同業の交流会の主催を行う。
社内のセキュリティ委員会の委員長、内部監査責任者に就任し、社員・パートナーへのセキュリティ教育、教育プログラムの策定、Pマークの規定や運用資料作成や更新対応を行う。
[2017年~2018年]
株式会社ESPに営業企画部 部長として入社。
同時に経営方針を策定し、人事の全ても担う。
ソリューションサービス部の部長も兼任し、技術者社員のマネージメントも実施。
[2018年~2019年]
取締役 最高執行責任者に就任。
[2019年~現在]
営業企画部とソリューションサービス部の部長の座を退き、事務・総務及びそれらの機械化と効率化を促進する業務管理部を発足、部長に就任。
RPAの代理店として動くための製品の選定、来年度に発足予定の自社製品開発部隊の下ごしらえを実施。

属人化排除の先に

2017年4月に入社したその時から、「私がいなくて回る組織を作る」ということを宣言して今までやってきています。
これは一般のラインでの仕事もそうですが、役職も、ひいては経営もそうで、「誰かがいないと回らないよね」という組織は、「その人の立場を守るための組織」になってしまっていますから、リスクもありますし、下の人間が夢を持てなくなるわけです。
自分の立場や仕事を譲れる人間は、その次を考えて実行する能力がありますから、ESPという会社はそういう人たちが学んで、経験して、成さねばならぬことを見出して、それを実現するために権力が必要ならポジションを得る。
そんな会社になることを願って、2017年にESPに参加しました。

ESPはSESをやっている会社でしたので、3カ年計画と銘打って、「技術者派遣ビジネスモデルを私が直接手掛けるのは最長3年。そこまでに黒字にすることに加えて、あらかたの人数の確保と組織の仕組み作りと私の後継者育成を済ませる」とし、2年で一定の目途がつきました。
そのため、営業と開発部署の部長からは退き、任せて見守ることにしました。
これは、業務においてもとても重要な思考で、これをどんどんと突き詰めることによって、RPAや人工知能による業務の自動化を促進して、「人間がやるべき金になるタスク」に集中することができるようになります。

失敗の経験も積める会社に

学生の頃は思う存分に失敗するということがとても重要です。なぜなら、プロの仕事の場所においては「知識」より「知恵」を要し、それは教科書を暗記しているだけでは身につきません。
なにせ私は高卒です。
これは本来社会人になってからもそうですが、日本という文化は太古の村社会ですから、突飛な発想も失敗も許されません。
そういう教育を受けて育ってきているので仕方がないのですが、それでは世界と対峙する「知恵」は身に付きません。
ESPはチャレンジして、たとえ失敗しても「ナイスチャレンジ」と称える会社となれるよう、私が先陣を切って新しいことを始めて、失敗もして学び進化していく姿を見せていきます。
失敗することはカッコ悪いことなんかじゃなく、とてもカッコイイことなんだと、若い人たちに伝えていくのが私の存在意義だと思っています。