株式会社ESP

AIとRPAならESP

ウェブを一気にリニューアル

取締役の東田です。
ウェブもそうですが、新たな部署を作ったりなんだりで、ブログそのものを書く時間がありませんでした。

グリッドレイアウト

もう私も初老で、流行りに追いつくのに精いっぱいです。
ウェブサイトのデザインも、その時々で流行が変わるので大変です。
ひとたび流行すると、そのデザインが跋扈して目がそれに慣れてしまって、別のレイアウトやデザインだと見辛さを感じたりする。
なので困ったもんです。
私はもうデザインのプロの前線に立つ人間じゃないので、詳しい説明はしませんけれども、

グリッド レイアウト (グリッドデザイン、グリッドシステム)はホームページのデザイン手法の一つで、画面やページを縦横に分断する直線で格子状に分割し、これを組み合わせてブロック内の要素の大きさや配置を決定していく方法のことです。
参照:ferret

だそうです。

文字から絵へ 2chからニコ動へ

2chというのは掲示板なので、文字によってコミュニケーションやディスカッション、誹謗中傷、罵詈雑言という異様で面白い空間でした。
ただ、文字を読む人間っていうのは日本の総人口の中で限られた層に位置していますから、その層を広げるにあたって、
議題を文字から絵や動画に。そして動画内で短文、単語のみでコミュニケーションを図る仕組み」を作ることでそれを成す。
それがニコニコ動画でした。
これはmixi、twitter、インスタという流れもまた同じ。
もはや絵や写真だけでコミュニケーションを図る時代が来ているわけで、言葉(日本語)必要ないんじゃね? っていうところにまで行きついてくれるんじゃないかとひそかな期待を抱いているわけです。
ホームページも、文字がだらだらと書かれているよりも、イラスト・写真だけで何気に伝える情報量はあるので効果的。
ということで、グリッドレイアウトのようにイラストがドーン、写真がドーン、が良いのでしょう。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets