株式会社ESP

AIとRPAならESP

代表挨拶

代表挨拶

略歴

[1997年3月]
上智大学経済学部を卒業
[1997年4月]
大手ITベンダーに入社
2年サービス開発部門で働きながら最先端の技術を学ぶ。
新しいことに挑戦するため3年目よりシステムエンジニアに転身。
インフラの技術者として構築保守の現場経験を積みつつ、既存顧客の維持拡大に向けた現場営業を実施。
[2016年1月]
株式会社ESPを設立

IT技術をコアに社会へ貢献

ITは依然大きな技術進歩が続いており、従来できなかったことが安いコストで実現できるようになっています。
例えば法人ではRPAを活用した業務自動化、クラウドによる柔軟なリソース調達、個人ではIoTを活用したスマートホーム化といったトレンドがあります。
当社はこういった新しいIT技術をコアに、世の中をより良くする仕組みづくりに貢献します。
お客様システムの開発・構築から保守・運用までライフサイクルをトータルにご支援することに加え、即戦力の技術者が欲しいといった人材の悩みにお応えします。

人財の才能を発揮する場を提供

私自身は前職の大手ITベンダーで技術者としてお客様システムの構築・運用に長年従事していました。
品質への要求が厳しい金融系を中心とするお客様の窓口になって、マネジメントを主に手掛けていました。
プロジェクト経験で痛感したのがエンジニアが抱える悩みの大きさで「効率的に仕事をこなしても他の仕事を依頼され残業当たり前になり、自分の時間がない」「今のプロジェクトを変えてもらえず、新しい技術を習得できない」といった不満や不安をよく聞きました。
このようなIT業界で悩んでいる人たちを救い、それぞれの才能を発揮できる場を提供することも当社の重要な使命の一つです。

事業展開

創業からの第1フェーズである最初の3期目迄は技術者派遣事業に注力して参りました。
正社員採用にこだわった技術者層拡大と商流開拓により、大変有難いことに3年で0から年商1憶に成長できました。
これからの第2フェーズでは派遣事業に加えて、RPAといった次の事業の柱を作るべく挑戦して参ります。

市場に不可欠なサービスの提供者に

私たちはお客様・社員・ビジネスパートナーにとって、社名の由来である市場に不可欠なサービスの提供者(Essential Service Provider)となるため、全力で貢献し挑戦し続けて参ります。

代表取締役 高原 謙太