ままならぬ効率化


営業企画部 東田です。

先人の道を歩くこと。
これは思考の余地をなくすことに繋がるわけで。
たとえ少し考えても、
「こうすればもっと楽にできる」
「でも今までこうしていたし」
で諦める。

私はネガティヴな意味でもなく、風習・慣習・伝統に何も考えずに前に倣え横に倣えは頭使ってないことの証明になるので、そうはしません。
結果、効率化とコストが合わないこともあるでしょう。
しかし、思考をすることに意義があるわけです。
こういう合理的な思考は、どういうわけかなかなか認められません。
苦労することに意義がある、汗水流してナンボ。
私には意味がわかりません。

関連記事

ページ上部へ戻る