仮想通貨のマイニング

営業企画部 東田です。

散々、仮想通貨の運用はしてないと言っているのですが、「やってそうな感じ」に見られるようです。

仮想通貨のマイニング悪用で初の判例

マイニングを無許可で他人のPCで行った(行わせた)として、不正指令電磁的記録供用等の罪で懲役1年(執行猶予3年)の刑が下されたようで。
今回のケースでは初めての判決だそうですね。

仮想通貨のマイニングってなんだ?

ビットコインなんかでは、参加しているみんなが協力して運用する仕組みです。
運用者取引内容を互いに確認しあうことで、その信頼性を担保してるわけです。
そのひとつひとつの取引内容は記録され続けて、その仕組みがいわゆる「ブロックチェーン」というやつですね。
新しい取引内容を記録するときに、それ以前の取引内容は整合性のあるものなのかを確認するわけです。
そしてそのために計算が必要になります。
単純な計算じゃありません。
それをP2Pのソフトと同じ感覚に見えますが、全世界のコンピュータが協力して計算をしてます。
計算がうまくいくと、ビットコインがもらえるっていう運用です。

マイニングって誰でもできる?

できるっちゃできます。論理的には。
ただ、もうある程度以上の性能がないと無理じゃないかと。
いち早く計算処理を成功しなければ貰えませんからね。
なので、超高スペックでマシンの環境をも整え(冷却等)、もちろん故障したら終わりですから保守も考えないとダメです。
まして、日本を含めた様々な国の電力の仕組みは、時がたてばたつほど価格が上がっていくようになります。
ですから電力にそこまでコストがかからない中国が勝ち名乗りを上げるんじゃないですかね。

関連記事

ページ上部へ戻る