コラム

  1. 未経験からエンジニアへ

    取締役の東田です。そもそも初めは未経験未経験でエンジニアになるにはどうしたら。自分にはできないのではなかろうか。そんな話を採用面接でも質問を受けたりします。

    続きを読む
  2. 新規事業 教育と代理店

    取締役の東田です。明けましておめでとう2020年になりました。ESPに来て2年ちょっと。2回の年始を経験しているわけです。

    続きを読む
  3. 優遇しようにも憲法や法律が壁になる

    取締役の東田です。まだまだ男尊女卑江戸時代あたりから明確に始まった男尊女卑。狩猟採集をしていた時代から、脳機能・身体機能の特性から、男=狩猟・女=家事。このようにやることを区別して我々は生き残ってきました。

    続きを読む
  4. 公約通りの変革

    取締役の東田です。面白いことして生きる思えば5年くらい前は、生き方を変えてみっともない保守的で既得権益にすがって生きようとしていました。婚約をして、生活を守らなければならない。そのために自我は捨ててしまえ。当時の出した結論はそれでした。

    続きを読む
  5. テレビを持たなくなって10年

    取締役の東田です。メディアの進化と進化をやめたテレビまだYoutubeもメジャーではなく、現役最古(だと思っている)YoutuberのMEGWINさんが、自分自身のホームページで面白いことをやっていた時代がありました。

    続きを読む
  6. パンダが増えてきた

    取締役の東田です。パンダが社内に増殖いつの間にか、パンダの「ナニカ」が増殖しています。2年前に思いつきで作ったパンダAIのエスペランサのおかげで、名刺にも彼が描かれてます。その結果、パンダの会社として認識してもらってます。何の会社やねんって話はさておき。

    続きを読む
  7. ウェブを一気にリニューアル

    取締役の東田です。ウェブもそうですが、新たな部署を作ったりなんだりで、ブログそのものを書く時間がありませんでした。グリッドレイアウトもう私も初老で、流行りに追いつくのに精いっぱいです。ウェブサイトのデザインも、その時々で流行が変わるので大変です。

    続きを読む
  8. 効率化の徹底

    取締役の東田です。最近はいろいろなソフトを導入実験したり、カスタマイズしたりと、結構久しぶりにエンジニア(どちらかというとデータベース)思考とコンサル思考のハイブリッドで日々楽しく生きてます。

    続きを読む
  9. 改革から2年経過

    女性社員比率取締役の東田です。私がESPに来た時から、これが結構大きなテーマの一つでした。女性に選ばれるにはどう改革すれば良いか。それを起点として始めた『福利厚生革命』でしたが、その歯車がうまいこと回り始めています。

    続きを読む
  10. なぜ人が集まるのか

    取締役の東田です。ESPに社員があつまるわけおそらく、この業界で採用という点においては成功をしている会社の一つだと思います。昨年1年かけて採用した人数を、現時点でもう超えようとしています。他社から、どうやってやっているのかなど聞かれることは多々あります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る