脱人見知り・脱引き篭もり

取締役の東田です。

ちょっと見聞を広めようか

私は根っこは人見知りで、引き篭もり体質なもんで、今まではそれで良かったんですが、そろそろ日の光を浴びないとなぁと思っておりまして。
飲み会みたいなグループにも入って、何か月に一回かは参加するようになりました。
昨日は、twitterで相互フォローしている方が、恵比寿でのエンジニアのコワーキングみたいな集まりが、コロナの影響からかキャンセルが続いているというツイートをしているのを、寝起きの通知で見て、フラッと行ってみたりしました。
みんながみんな、これからエンジニアを目指すんだ、スキルアップするんだ、という人たちだけなので、これはこれで刺激になりますね。
ただ、望み通りエンジニアとして働き始めると、半分以上の人間が学びを止めます。
これは他業界でも言えます。
なにせ、自ら主体的に学ぶ人間は10%程度ですので。
是非、働くのを辞めるまで、学ぶ習慣を止めないで頂きたいですね。
こういう人たちに投資をして、私が作ってほしいアプリを発注しようかな、とも思えてきました。

キャピタルゲイン

”普通”と”できる”経営の差って、目の前の会社に投資し続けるか、キャピタルゲインを考えるか、だと思うのです。
もちろんPLが安定していることを前提としますが。
通貨もニアリーイコールと考えています。
日本円しか持ってない人がほとんどだと思うんですけど、それが普通なんですが、リスクヘッジを全く考えていないという結論となるわけです。
日本円の価値が下がっても、他国の貨幣を分散して持っていることで、全体のマイナスは少なくなったよね、と
経営もキャピタルゲインを得る行動に移すことがリスクヘッジにもなりますし、専門事業鵜を特化させることでそっち側で利益を得るってことができる。
なので、来年以降は面白いことになりそうですね。

関連記事

ページ上部へ戻る